シスメックス株式会社

株主・投資家の皆様へ

Daiwa優秀企業賞

HOME株主・投資家の皆様へよくあるご質問今後の事業展開について
その他 よくあるご質問
会社情報・沿革について 事業について 研究開発・生産体制について 販売・サービス&サポート体制について
今後の事業展開について 環境・その他について 株式について  
今後の事業展開について
Q1. 中長期的な計画について知りたいのですが?
Q2. アジア地域での取り組みについて教えてください。
Q3. 今後の成長が期待されるというPOCについて教えてください。
Q4. 医療分野において、シスメックスではITをどのように活用しているのでしょうか?
  よくあるご質問TOPへ
Q1. 中長期的な計画について知りたいのですが?
A 私たちシスメックスグループは長期ビジョンとして、「A Unique & Global Healthcare Testing Company」を掲げ、特長のあるグローバル企業として、先進のテクノロジーと独自の強みを活かしたソリューションを顧客に提供することにより、ヘルスケアテスティングにおける当社の強みを活かせる領域において、リーディングカンパニーとなることを目指しています。

2011年5月に公表した中期経営計画はプレスリリースまたは、「なるほど!シスメックス」の戦略をご覧ください。
TOPへ
Q2. アジア地域での取り組みについて教えてください。
A 世界人口の約6割を占めるアジア地域では、ここ数年経済成長がめざましく、医療分野においても、急速な市場の拡大が期待されています。

当社は、アジアに本拠地をおく優位性を活かして、生産・開発拠点の整備や販売・サポート拠点の充実を図り、地域のニーズに応じたきめ細かい対応に取り組んでいます。また、特に中国では、中国語に対応した製品の開発や、臨床検査学の発展に寄与するため「シスメックス学術セミナー」を開催する等、学術面からのサポートも展開しています。

今後も、アジアでの検体検査領域のリーディングカンパニーを目指して事業活動を展開していきます。
TOPへ
Q3. 今後の成長が期待されるというPOCについて教えてください。
A 「ポイント・オブ・ケア」の略で、従来のように血液、尿などの検体を一括して中央検査室で検査するのではなく、手術室、救急治療室、ベッドサイドなど患者さんのすぐそばで迅速におこなう検査のことです。

当社は、POC検査をこれからの重要な事業領域ととらえ、インフルエンザ迅速診断キットなどの自社製品の開発や、アライアンスによるPOC製品の導入を行い、品揃えの強化を図っています。また、POC製品をネットワークで管理し、情報の一元化・共有化を図るソフトウエアも提供し、お客さまのニーズに合った検査環境をトータルにサポートしていきます。
TOPへ
Q4. 医療分野において、シスメックスではITをどのように活用しているのでしょうか?
A 医療機関の検査室においては、高度化、多様化、低コストな検査システムはもちろん、医療サービスの向上が求められています。

このような中で当社は、さまざまな機器によって得られた検査情報をネットワークを結んで一括管理し、必要な情報を共有・有効活用できるソフトウエアの開発を行うなど、機器・試薬・サービス&サポート・ITが一体となったトータルソリューションをお届けしています。

また、ニュージーランドにソフトウエア開発子会社を設立し、日本のIT開発拠点のノウハウと融合させるなど、グループ全体で最適な検査環境の創造に取り組んでいます。2005年には医療機関向けの臨床検査情報システムの開発・販売を行う株式会社シーエヌエー(現シスメックスCNA株式会社)を子会社化しました。
 
  
TOPへ
  よくあるご質問TOPへ
 

シスメックス株式会社

Copyright © 1995-2012 Sysmex Corporation, All Rights Reserved.