シスメックス株式会社

会社案内

HOME会社案内コンプライアンスへの取り組み
コンプライアンスへの取り組み
いつまでも誠実なシスメックスグループであり続けるために

企業が社会的責任を果たしていく上で欠くことのできない、そして最も基本的な責任がコンプライアンスです。シスメックスでは、コンプライアンスを「法令遵守とともに、高い倫理観にもとづいた正々堂々とした事業活動を行うこと」と定義し、お客様をはじめ、様々なステークホルダーの皆様方から誠実な企業として高い信頼をいただくために、コンプライアンス推進体制の整備やしくみづくり、コンプライアンス意識を高めるための教育・啓発活動等に取り組んでいます。

コンプライアンス推進体制

シスメックスでは、2003年よりコンプライアンスに関する社内ルールの整備や従業員のコンプライアンス意識の向上などに取り組んでいます。
また、コンプライアンス委員会の委員長をグループのコンプライアンスに関する統括責任者としてグループ全体のコンプライアンスを推進しています。

コンプライアンス推進体制図

 
あたり前のことをあたり前に

シスメックスで働く一人ひとりが、コンプライアンスをごくあたり前のことと認識し、そしてあたり前に実践できるようになること。それが、シスメックスが目指すコンプライアンス推進活動の目標です。
シスメックスでは、従業員等への教育・啓発活動をコンプライアンス推進のベースと位置づけ、新入社員教育、階層別教育などの機会をとらえ、コンプライアンスコードに則った行動の浸透を図っています。
コンプライアンスコードは、2003年に制定された「コンプライアンス行動規範」を国内グループ会社全てに適用できるように2006年に改定したもので、シスメックスが事業を展開していくうえにおいて特に重要な行動規範を取りまとめたものです。また、社外との公正な取引や社内におけるインサイダー取引規制やセクシャルハラスメントなど、コンプライアンスコードをさらに詳しく解説したガイドブック等の教育ツールの充実を図り、各部門での自主的・計画的な教育・啓発活動を推進しています。

コンプライアンスコード コンプライアンスコード PDFファイル(271KB)
内部通報制度「カンパニュラライン」
シスメックスでは、国内グループ会社の従業員等がコンプライアンス上問題と感じたり、疑問に思った時に相談・通報できる窓口として、「カンパニュラライン」を設置しています。
カンパニュララインは、グループ内の担当者が受付けるグループ内ラインと、社外の弁護士事務所に委託した社外ラインとの2つのラインを設置。相談や通報は、電話、文書、電子メールで受付けていますが、受付けた内容は匿名で処理され、相談・通報者が特定されないように細心の注意を払っています。
カンパニュラの花
カンパニュラとは・・・
カンパニュララインのカンパニュラ(campanula)とは、ラテン語で「小さな鐘」の意味。
別名ベルフラワー(bell flower)、和名では風鈴草として親しまれている花の名前でもあります。
花ことばは“誠実”と“感謝”。
いつまでも誠実なシスメックスグループであり続けるために、一人ひとりが警鐘しあう。そんな意味を込めて「カンパニュラライン」と名付けました。
会社案内トップ

シスメックス株式会社

Copyright © 1995-2012 Sysmex Corporation, All Rights Reserved.