シスメックス株式会社

会社案内

HOME会社案内CSR(企業の社会的責任)特集(2015)特集1

特集 1

免疫測定装置・試薬のラインアップを拡充し
感染症やがんなどの早期発見・治療に貢献

世界中の多様なニーズに対応するコンパクトで高性能な免疫測定装置を発売

血液中のたんぱく質などを測定する免疫血清検査は、感染症やがん、心疾患、自己免疫疾患などの診断から治療経過観察まで幅広く利用され、病気の早期発見や治療において重要な役割を果たします。シスメックスは、免疫血清検査に関する多様な検査ニーズに応えるために、全自動免疫測定装置HISCLシリーズのラインアップの拡充に取り組んできました。

2014年9月には、同シリーズの特長である「微量検体」「高感度」「17分の迅速測定」を継承しながら、既存機種(HISCL-5000)と比較して装置の横幅を約60%にまで縮小した「HISCL-800」を発売しました。高機能、高性能と省スペース性を兼ね備えた当装置は、今後需要が増大すると見込まれる中国・アジアなどの新興国に対しても付加価値の高い検査の実施に貢献します。インターフェースに関しても、21インチの大型カラータッチパネルディスプレイを採用し、大きめのアイコンを使用することで高い視認性・操作性を確保し、確実で効率的な検査を実現します。

また、お客様の装置の状態を把握して故障を未然に防止できるSNCS(Sysmex Network Communication Systems)にも対応しているため、快適かつ安心して検査を実施できる環境の構築に貢献します。

別途契約が必要です。

免疫血清検査が診断・治療経過観察に貢献する病気

免疫血清検査が診断・治療経過観察に貢献する病気

全自動免疫測定装置HISCLシリーズの主な特長

全自動免疫測定装置HISCLシリーズの主な特長

全自動免疫測定装置
「HISCL-800」

全自動免疫測定装置「HISCL-800」

肝炎ウイルスに起因する病気の診断に役立つ新試薬で患者さんの負担軽減に貢献

2015年1月には、HISCLシリーズ用の新試薬として、「肝臓の線維化(肝線維化)」の進行を短時間で測定できる「HISCL M2BPGi試薬」が日本で保険適用を受けました。

国内最大の感染症であるウイルス性肝炎は、放置すると慢性肝炎や肝硬変に至り、肝細胞がんに進行する可能性もあります。治療においては、肝炎ウイルスによる肝線維化の程度を判定することが重要であり、現在、その検査は肝臓組織を採取して行う生体組織診断が主流です。しかし、そのためには入院の必要があり、患者さんの身体的・経済的負担が大きいことが課題でした。

「HISCL M2BPGi試薬」と免疫測定装置HISCLシリーズ(HISCL-5000/2000i/800)を用いることで、肝線維化の進行の程度を採血のみで迅速に測定できるようになり、患者さんの負担軽減、検査の効率化が期待されます。

ウイルス性肝炎とは?

日本最大の感染症 約300万人が感染 「肝硬変」「肝細胞がん」に至る可能性

新試薬「HISCL M2BPGi」の特長

患者さんの負担軽減、検査の効率化 肝臓の線維化を採血のみで迅速に測定

アトピー性皮膚炎の診断に役立つ検査を自動化し、時間を大幅に短縮

2014年4月には、アトピー性皮膚炎診断に役立つ「HISCL TARC試薬」も発売しました。

アトピー性皮膚炎の診断においては、血液中の「TARC」と呼ばれる物質の産生量が測定され、重症度評価や治療効果判定の客観的指標として役立てられています。しかし、従来この検査は手作業で行われており、3時間以上かかっていました。HISCLシリーズの機器と「HISCL TARC試薬」によってこの検査を自動化することで、約17分という短時間での測定が可能となりました。

シスメックスは、今後も免疫測定装置・試薬のラインアップを拡充し、検査の質の向上と患者さんの負担軽減に寄与していきます。

Thymus and Activation-Regulated Chemokineの略。血液中のアレルギー炎症を引き起こす細胞を皮膚へ遊走させる因子となる物質。

TARC産生量測定検査の所要時間

大幅に検査時間を短縮 約1/11に(約3時間15分から約17分に)

お客様の声/酒井 百世様

HISCL-800を実際に使った印象は「使いやすく、手がかからない」

私たちの検査室にちょうどいいサイズであったこと、そしてシスメックスの営業・サービス・学術担当者の対応が迅速・丁寧で信頼できたことがHISCL-800導入の決め手になりました。装置自体がコンパクトなだけでなく、試薬もすべて装置内に収まるので、清潔で整然とした検査環境を実現できました。実際に使ってみると、タッチパネル式で画面操作もしやすく、また、メンテナンス作業もほとんど必要ないため、「使いやすく、手がかからない」装置だと感じています。

医療法人登誠会 諏訪マタニティークリニック 検査室 主任 酒井 百世様

ページの先頭に戻る

CSR トップ

シスメックス株式会社

Copyright © 1995-2012 Sysmex Corporation, All Rights Reserved.