シスメックス株式会社

会社案内

HOME会社案内CSR(企業の社会的責任)社会貢献活動地域社会への貢献

地域社会への貢献

  • 社会貢献方針
  • 健康社会づくり活動
  • 地域社会への貢献
  • 従業員の社会貢献活動の推進

コミュニティ発展への貢献

第4回神戸マラソンに協賛

シスメックス(株)は、阪神・淡路大震災からの復興に手を差し伸べていただいた皆様への感謝の気持ちを込めて毎年神戸で開催されている「神戸マラソン」に、第1回大会から特別協賛しています。2014年11月に開催された第4回大会にも特別協賛するとともに、ランナーゼッケンなどの提供やボランティアによる運営支援を実施しました。また、同時開催の「神戸マラソンEXPO」にも出展しました。

神戸マラソンロゴ

給水ボランティア(グループ従業員およびその家族136名が参加)給水ボランティア(グループ従業員およびその家族136名が参加)

地域の方々との交流イベントを開催

シスメックス(株)は、地域住民の方々を当社施設にお招きし、交流を深めるイベントを毎年開催しています。2014年5月にはテクノパークの庭園を開放し、近隣住民の方に散策を楽しんでいただくイベントを行い、約600名の方々にご来場いただきました。当日は「乳がん治療の現状と個別化医療」、「子宮頸がん検査について」というテーマの講演会や、採血せずに血液中のヘモグロビン推定値が測定できる当社製品「ASTRIM FIT」による健康チェックなども実施し、医療や検査に興味を持っていただけるよう努めました。また、7月には市民の健康増進・栄養改善思想の向上に寄与してきたことが評価され、テクノパークが神戸市からの表彰を受けました。

これに加え、10月には、前年度に引き続いて「みなと異人館」を一般公開しました。みなと異人館は1906年に建造された神戸市の歴史的建造物で、老朽化のため2008年から閉鎖されていました。これを2012年9月に当社が借り受け、修繕した上でゲストハウスとして活用しています。一般公開では、館内を公開するだけでなく、神戸の歴史を紹介する写真展や、一般の方に気軽に楽しんでいただけるイベントを併催し、約200名の方々にご来場いただきました。今後も定期的に地域の皆様へ公開していく予定です。

テクノパークの庭園開放テクノパークの庭園開放

みなと異人館みなと異人館

さまざまなイベント・団体を支援し、地域振興・文化の発展に貢献

シスメックス(株)は、地元兵庫県の地域振興と文化の発展を目的とするイベントや団体に対して寄付や協賛を通じて支援しています。

例えば、1995年阪神・淡路大震災で亡くなられた方々の鎮魂の意を込めるとともに神戸の復興・再生への夢と希望を託して始まった「神戸ルミナリエ」に毎年協賛しています。また、神戸市立王子動物園の「動物サポーター制度」に協力しています。「動物サポーター制度」は、企業や個人が動物のサポーターとなって動物園の運営を支援するもので、当社はパンダのサポーター企業となっています。その他にも、以下のような団体やイベントを支援しています。

地域振興の支援

  • 第44回神戸まつり
  • こうべ海の盆踊り
  • 第87回兵庫県小・中・高校絵画展
  • ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ 第3回兵庫公演 ほか

文化関連事業の支援

  • C.A.P.海のうえプロジェクト
  • 兵庫県立美術館 ほか

その他

  • 公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)
  • 官民協働海外留学支援制度「グローバル人材育成コミュニティ」
  • 国際連合世界食糧計画WFP協会
  • 公益財団法人計算科学振興財団
  • セーブザチルドレン
  • 中谷医工計測技術振興財団
  • 神戸医療産業都市
  • 加川広重 巨大絵画が繋ぐ東北と神戸2015 ほか
地元のスポーツチームに協賛

シスメックス(株)は、地元神戸のスポーツチーム活性化を目的に、Jリーグ所属のサッカーチーム「ヴィッセル神戸」に協賛しています。

こうした取り組みによって地域振興を図るとともに、スポーツを通じた健康な社会づくりにも貢献していきたいと考えます。

海外事例(アジア・パシフィック):地域の課題解決に向けてさまざまな活動を実施

アジア・パシフィックのグループ各社では、「Greener Sysmex Project」と題した地域貢献活動など、各地域の課題解決に貢献するためにさまざまな取り組みを展開しています。

2014年度には、同地域の統括現地法人シスメックス アジア・パシフィックが「ニューイヤー・ヘルピング」と題した募金を実施しました。従業員からの募金に会社が一定の金額を上乗せした総額7,650ドルの資金で、地元の貧しい家庭が新年を迎えるための食料や粉ミルク、灯油などの支援物資を購入し、306の家族に提供しました。

その他にも、各地で以下のような活動に取り組みました。

  • スリランカで開催されたビジネスパートナーミーティングの期間中に、開催地付近の病院に当社検査機器を、また、学校に医務室用物資を寄贈(シスメックス アジア・パシフィック)
  • 地元のオラン・アスリ(先住民)への支援として、従業員チームが住宅を建築して寄贈(シスメックス マレーシア)
  • 近隣地域からシングルマザーと孤児を招いてラマダンあけの夕食会を実施。全従業員が参加し、伝統料理やマジックショーを提供(シスメックス マレーシア)
  • がん、心臓疾患、聴覚異常を持つ子どもの支援団体のために、寄付や募金活動を実施(シスメックス ニュージーランド)

病院への検査機器寄贈(スリランカ)病院への検査機器寄贈(スリランカ)

海外事例(アメリカ):「Companies That Care Honor Roll」を7年連続受賞

シスメックス アメリカは、社会貢献活動や働きやすい職場づくりに積極的に取り組んでいることが評価され、「Companies That Care Honor Roll 2015」(米国NPO法人「Companies That Care」主催)を受賞しました。同賞の受賞は、今回で7年連続となります。

Companies That Care Honor Roll 2015

海外事例(ドイツ):障がい者支援団体に一部業務を委託

シスメックス ヨーロッパは、試薬工場での材料選別などを、障がい者の自立支援に取り組んでいる団体に業務委託し、障がい者の方々に自社の製造ラインで作業に取り組んでいただいています。

また、障がい者を雇用している企業に不要となった書類をシュレッダーにかける作業などを委託しています。

ページの先頭に戻る

災害被災地の支援

インドネシアとマレーシアの被災地を支援

2014年12月12日、インドネシアのバンジャルネガラ地区で大規模な地滑りが発生しました。この結果現地では、108名の方が亡くなるとともに、105世帯の600名が避難を余儀なくされました。シスメックス インドネシアはこうした状況を受けて、同月15日から募金イベントを実施し、集めた資金でおむつやタオル、歯磨き粉などの生活物資を購入し、現地に送付しています。また同月20日には、販売代理店とともに被災地への寄付を行いました。今後も長期的な支援を実施していく予定です。

また、2014年12月、シスメックス マレーシアは、マレーシア東海岸で洪水に被災した100家族に対して、地元医療施設と協力して食料・飲料などの救援物資を提供しました。

インドネシア被災地への生活物資提供インドネシア被災地への生活物資提供

ページの先頭に戻る

次世代育成への貢献

青少年の育成支援

シスメックス(株)では、兵庫県下の中学生を対象に実施されている職場体験プログラム「トライやるウィーク」や、兵庫県下の理数系の高校生が研究成果を発表し、企業、大学、研究機関と交流するイベント「サイエンスフェアin 兵庫」に毎年参加しています。

2015年2月に開催された「第7回サイエンスフェアin兵庫」では、採血せずに血液中のヘモグロビン推定値が測定できる当社製品「ASTRIM FIT」による健康チェックや事業紹介のポスター掲示などを実施しました。約200名の方々に測定を体験していただき、好評を博しました。

インターンシップ・企業見学の受け入れ

シスメックス(株)では、就業体験を希望する学生を積極的に受け入れています。2014年度には、地元兵庫県の大学3校から計75名の学生を受け入れ、企業で働く保健師の役割について学んでもらう機会を提供しました。また、臨床検査科に属する短期大学生63名に新しい機器生産工場アイ スクエアとソリューションセンターを見学していただきました。

海外の学生も積極的に受け入れており、2014年度は、インド工科大学の学生3名をインターンシップ生として受け入れ、シスメックス独自の技術を学んでもらいました。また、イギリスのクランフィールド大学の学生25名が神戸大学の学生とともにシスメックス(株)ソリューションセンターに見学に訪れました。これは一週間をかけて複数企業を訪問する日本企業体験プログラムの一環として行われたものです。

さらに、シスメックス アジア・パシフィックでも、現地専門学校の学生による企業見学を受け入れました。

インドからのインターンシップ生インドからのインターンシップ生

ページの先頭に戻る

自然保護・クリーン活動

森林保全活動

シスメックスでは、中核事業の一つである試薬生産において水を原料として使用していることから、地域の水源涵養に寄与する森林の保全を重要な社会的責任の一つと位置づけるとともに、生物多様性保全への貢献を目指しています。

こうした考えにもとづいて、2013年度には兵庫県が推進する「新ひょうごの森づくり」活動の趣旨に賛同し、森林整備活動をスタートさせました。試薬工場が立地する兵庫県小野市にある「かわい快適の森」(17ヘクタール)のうち、約2ヘクタールを借り受けて「シスメックスの森」と名づけ、従業員ボランティアによる間伐作業などを実施し、「人といきものがともに憩える里山づくり」を目指しています。

間伐作業間伐作業

シスメックスの森シスメックスの森

クリーン活動

シスメックスでは、日本全国の事業所で従業員ボランティアによる事業所周辺の清掃活動を実施しています。2014年度は約700名の従業員がこの活動に参加しました。

また、シスメックス ニュージーランドでは、自社の「ボランティア・デー」にモトゥタプ島で浜辺の清掃活動を実施しました。モトゥタプ島はニュージーランド北部に位置する島で、多くの自然が残ることで知られています。

清掃活動に参加した従業員(シスメックス ニュージーランド)清掃活動に参加した従業員(シスメックス ニュージーランド)

清掃活動に参加した従業員(シスメックスメディカ)清掃活動に参加した従業員(シスメックスメディカ)

ページの先頭に戻る

CSR トップ

シスメックス株式会社

Copyright © 1995-2012 Sysmex Corporation, All Rights Reserved.